脂肪肝の検査

脂肪肝の検査方法はまず血液検査を行います。腹部の超音波検査を行なって、肝臓が肥大しているかどうか、腫瘍は無いかなどを調べます。CT検査や肝生検を行なうこともあります。

脂肪肝の検査(つづき)

非アルコール性脂肪肝かどうかを確定する時には多く利用される検査方法となります。

肝生検は針を刺して肝臓の細胞を採取して、顕微鏡で検査をする方法のことを言います。

まずは血液検査と尿検査を行い、脂肪肝の疑いがある場合には超音波検査となります。

病院

超音波で検査では脂肪が白くはっきりと映りますし、脂肪肝の場合には肝臓が肥大し黒っぽくなるので診断が行いやすくなるのです。

超音波検査でもはっきりとしない場合には、CT検査や肝生検を行います。

脂肪肝は進行させないことが大切となるので、しっかりと検査を行い治療を続け完治させるようにしましょう。

HOME|脂肪肝の原因| 脂肪肝の症状| 脂肪肝の検査| 食事による予防と治療|
運動による予防と治療
| 脂肪肝からほかの病気へ| 動物も脂肪肝に

 

Copyright脂肪肝のすべてがわかるAllrightsreserved.

privacy